適切なケアで健康的な髪にした上でアイロンを行おう

キレイ髪

髪をしっかりケアすることも大切

真っ直ぐになっていない髪の毛はストレートアイロンで簡単に直すことができますが、アイロンばかりを頼りにするのではなく、日々のヘアケアも十分に行なうようにしましょう。髪質が綺麗であればあるほどストレートの効き目も良くなります。

髪を傷つけてくせ毛を作らせない方法をランキング形式で紹介

no.1

髪の汚れを綺麗に落とす

髪の毛が傷んでしまう理由は綺麗に皮脂や毛穴汚れを落とせていないからということも挙げられます。髪を洗うときはしっかりシャワーで汚れを落としてからシャンプーやコンディショナーを使用するようにしましょう。また髪がボサボサのときもすぐにアイロンをかけず、シャワーで一旦髪をリセットしておくのが良いです。

no.2

シャワー後のタオルドライ

髪を洗った後はタオルドライをせずにまずは髪を少し絞って水気を取るようにしましょう。その後髪全体をやさしくタオルドライをして更に水分をなくすようにしてください。マッサージをするようにタオルドライをすると頭皮の血行促進ができます。

no.3

トリートメントをつけて髪を保護しよう

濡れた髪はとても傷つきやすいため、早めにトリートメントをつけて髪全体を保護するようにしましょう。そうすることで髪の毛のキューティクルが傷つかずに正常な状態を保つことができます。洗い流さないタイプならそのままトリートメント効果を持続することができます。

no.4

ドライヤーで乾かす

外側に髪がはねてしまうという方は内側に髪をはねるように乾かしていきましょう。手ぐしではなく櫛を使って乾かしていくと綺麗な髪の形になります。ある程度髪が乾いてきたら冷風を当てていくのがポイントです。髪のキューティクルを強くして剥がれにくいようにしてくれます。

no.5

最後にストレートアイロンで髪を綺麗に整える

ストレートアイロンを使うときはできるだけスタイリング剤を使うようにしましょう。毛先もしっかりアイロンをしていかないとはねてしまう原因になるので注意が必要です。熱によって髪の中にある水分が蒸発しているので、アイロンを終えた後は髪に保湿を補うようにしてください。

適切なケアで綺麗な髪づくり

ヘアーアイロン

ストレートタイプのアイロン

その名の通りストレートアイロンは髪を真っ直ぐに伸ばすことができるので、髪のハネ具合が気になるときなどに使用することが多いです。また湿気で髪が広がっているときも、ストレートアイロンで広がりを抑えることができます。

カールタイプのアイロン

ストレートアイロンとは違ってカールタイプのアイロンは可愛らしいカールを作ることができるのが特徴です。お洒落な雰囲気を出したいときにはストレートではなくカールタイプが適しているでしょう。カール専用のアイロンを購入する必要があります。

2wayタイプのアイロン

このタイプのアイロンはストレートとカールの2つの機能がついているものになります。単体の機能があるアイロンに比べて少し大きくて重いですが、2wayならその日に合わせてカールかストレートかを決めることができるので便利です。